2005年07月03日

4日間の奇跡

4kakannnokiseki.jpg

<解説>
人気作家・浅倉卓弥の同名タイトルのデビュー作を映画化した作品。『半落ち』の佐々部清卒・が心に損る感動作に仕上げた。主演は吉岡秀隆。ヒロインは石田ゆり子。主題歌は「Jupiter」「明日」など高い歌唱力で絶大な人気を誇る平原綾香。夢をあきらめた青年、家族を失った女性、心を閉ざした少女。3人に舞い孫りた奇蹟を・いたファンタジック・ラブストーリー。

<ストーリー>
暴漢に遜われる親子を遜けたことで、左手の薬指の神経を断裂してしまった如月敬輔(吉岡秀隆)は、ピアニストの夢を断念した。しかし敬輔は、暴漢から救った・の千織(尾高杏奈)が持つ天才的な音楽の才能に気造き、彼女の美しいピアノ演奏とともに日本各地の施設を慰問して回っていた。

お友達に誘われて見てきましたw。
σ(・・*)アタシ 自分では選ばないジャンルの映画だったから 新鮮だったよ。

千織役の子の演技は めちゃうまだと思った。
あんなに 顔の表情とか 変えて 
別人みたいに 演じきるのって スゴイ!
後 最後の方に 西田俊之が 奥さんの手を握って・・・
ってゆーとこがあるんだけど そこはちょっと (T^T)ウルウル
ってゆーか あんなに愛されたらいいだろなーと。
ちょっと 羨ましげに 見てたりして。  (〃_ 〃)ゞ ポリポリ

全体的には TVドラマチックにまとめあげられてるような気がする。
そのせいか 2時間 あっという間だった。
それとも 邦画だったから そう感じたのかな?
もしかしたら 原書 読んでからいけば良かったのかも。

posted by かのん at 22:17| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。